BAYSIDECUP PREMIERE18  HOME



大会ルール




選手登録
 


1チームの登録は、主将を含めて 25 名以内とする。
(主将は 必ず 10 番をつけて下さい)



大会形式


6ブロックでのリーグ戦+各ブロック上位3チームの6チーム×3つのトーナメント そしてその勝者での三つ巴リーグ戦で優勝を決する。



順位の決定


①勝ちを6点、引き分けを5点、負けを4点とし、その合計勝ち点が多いチーム。
(不戦の可能性もあるので、不戦に不利な勝ち点分配にしています)

②勝ち点が同点の場合は、直接対決の勝利のチーム。

③直接対決がない場合、引き分けの場合は勝率が高いチーム

④それで決まらない場合は得失点差の大きいチーム

⑤それで決まらない場合は失点の少ないチーム

以上の基準でも決定できない場合は時間があれば当該チームでプレーオフ。
プレーオフの実施時間がない場合は抽選により決定します。


両者が試合の意思があるができない時は両チーム勝ち点なし。
片側のチームがどうしても試合に応じてくれない場合は不戦敗7-0採用あり(事務局で経緯を精査し裁定)
※したがって試合数の多いチームが有利となりますので試合をたくさんしましょう。




適用規則 (ルール)


2015 年公認野球規則及び競技者必携及び別に定める大会規則による。



大会ローカルルール



  • リーグ戦 7イニング 1時間 25分 引き分けあり とする。  (時間内でも同点は延長戦に入らない)
  • トーナメントは7回1時間25分 延長は時間(85分)までは通常延長で、 85分過ぎた同点は継続打順 無死満塁でサドンデス2回まで、決着つかないときは9人でじゃんけん
  • 85分を超えて新しい回には入らないこと。
  • 5回以上7点差、3回10点差のコールドゲームを採用する。
  • 雨天等での試合成立は4回裏の終了をもって成立、それ以前はノーゲームとする。

均等回(表・裏がきちんと終わっている)結果をもって試合結果とします。(裏がリードしてる場合は裏の攻撃は×ないし、途中終了でもOK)

攻守交替は駆け足(全力疾走推奨!)、サブキャッチャーを準備して、予備投球の無駄時間作らないようにお願いします。




投球制限



投手は1日7イニングを超えて投げないこと。
(サドンデスは7回投げきり投手は継続登板可能)



その他


自主対戦相互審判(ホームが主審・二塁) 主催者準備の場合でも塁審など協力をお願いすることがあります。ご協力ください。

使用球は ナガセケンコー C号 (チーム持ち寄りお願いします)



選手の遅刻


交換するメンバー表に記載があれば、試合開始に間に合っていなくても試合に出場可能とする。(相手チームには事前に申し出ておく)




ベンチ入り指導者・補助員・代表



ベンチ入り人数に制限なし。監督が不在時は28ないし29番が代行することを相手に伝えること。

夏季で熱中症などが予想される時は、父兄などの補助員もOK